Mr. Shiraishi’s Story of Pain & Hope

(See below for Japanese version)

Mr. Shiraishi and his wife Hideko are delightful people, warm and friendly. They attend Kurume Bible Fellowship (KBF), which is also our home church in Tokyo. Mr. Shiraishi’s story of hope:

At the beginning of October I was taken to the hospital due to an acute pain in my back. During my two month long stay in the hospital, I received many visits and prayers, and words of encouragement from many of you (at my church). I was very grateful for all your support, and to be part of Kurume Bible Fellowship.

It was a dreadful disease, some kind of bacteria got into my spinal cord, which could have damaged the bones and the spine. I had  very severe pain that was unimaginable for many days. I almost screamed “God, why do I have to experience such dreadful pain!” But when I started to feel down, a word from the Bible helped me, “Blessed are the poor in spirit…… Blessed are those who mourn.”

When I remembered these words in the Bible, I started to see reasons for my challenging experience. If we as human beings can not avoid painful things, there must be a reason behind them, and God must be trying to teach me something important.

Mr. & Mrs. Shiraishi volunteering with Operation SAFE
Mr. & Mrs. Shiraishi volunteering with Operation SAFE

I realized that God has given me this trial of pain and sickness to make me strong. If we train our muscles, they become strong. In the same way, we can become strong through our hardships. I started to think that if the hardship was given by God, I could surely overcome, because it says that God will not let us be tempted beyond what we can bear. As I believed this truth, even though I was in the midst of physical pain, I was able to bear it.

It was 2007 when I became a Christian. Barry Potter (who is now in US) and Gary Bauman took hours and hours to teach me the truth in the Bible. At first I could not believe them because they did not sound rational. I was strongly against Christianity, and told them “ I will never believe it”.

However, my rational thinking never reached an answer to the question “Does God exist or not?” I think it is impossible for us mortal men to understand the eternal God.

I realized it is not about arguing, but it is about faith. It took me a long time before I came to faith, but I finally took a chance to trust in Him. As a result, I found an amazing peace inside myself. I was in a stressful society, I was nearly worn out, but I had a peaceful mind. I understood it was a result of being saved, and the living water flowing from my heart.

As Paul repeats in Romans, I realised that faith is very simple because “Grace is given through faith in Christ Jesus. It is by grace not by work.”

I was selfish, but now I am beginning to love my neighbors. It surprises me, but maybe it is the power of faith in God.

When I had this illness it was not easy, but very hard for me to be in the hospital. But at the same time I experienced a strange sense of peace and hope in God that relieved the severe pain. I knew that God never abandoned me. Now I am making a great recovery.

If any of you who are facing challenges, I would like you to remember that God is ready to help you, so you can put your complete trust in him. He is full of grace to help you grow in him. I testify this is true through my own experience.

Suffering is not just something we should try to get rid of, but it can be seen as a gift from God because through these experiences, God makes us grow.

I am thankful for my illness, and now I have almost overcome this challenge. I give thanks to God who guided me through this journey, and I say “Amen.”

Related Link:

Kurume Bible Fellowship Home Page

Mr. and Mrs. Shiraishi
Mr. and Mrs. Shiraishi

おはようございます。白石勝彦です。

私は10月のはじめに突然腰に原因不明の激痛がおこり、救急車で病院に運ばれました。それから約2ヶ月、ずっと入院していて、11月の終わりに退院しました。この間に、たくさんのみなさんからお見舞いやお祈りの言葉をいただき、KBFに戻って来られる段階まで回復しました。そのことについてまず感謝の言葉を伝えたいと思います。

私の病気は、脊椎にバイ菌が入って、脊髄と脊椎骨が腐ってしまう恐ろしい病気で、最初の10日間くらいはものすごい痛みでした。想像を絶するような苦しさに、思わず、「神様、何で私がこのようなひどい目にあうのですか」と訴えたい気持ちになりました。しかし、落ち込みつつある私を助けてくれたのは聖書の言葉でした。

 「病める者は幸いなり・・・・、貧しき者は幸いなり」、という聖書の言葉を思い出したとき、自分が受けている苦痛の意味が見えてきました。人間にとって苦しむことが避けられないなら、この苦しみの中には、神様が与えた隠された意味があるのかもしれない。

 そう思って気がついたのは、苦しみや病気が、実は神様が私を強くするために与えた試練ではないかということです。筋肉が肉体の鍛錬で強くなるように、人は苦しみを経験するからこそ強くなれると分かったのです。つらい病気も神様が与えた試練ならこれは必ず乗り越えられる。神は乗り越えられない試練は与えないと言っているではないか。病気の苦難など乗り越えよう。そう思うと、不思議なことに体は痛いけれど、それが苦痛と思えなくなってきたのです。

 私がクリスチャンになったのは2007年です。いまはアメリカにいるバリー・ポッターさ

んやゲーリー・バウマンさんが長い時間をかけて聖書のことを教えてくれました。しかし、最初、私は聖書の言葉を聞いても信じることはできませんでした。頭で理性的に考えれば絶対おかしいと思ったからです。それで私はバウマンさんたちにさんざん理屈をこねて、「私は信じない」と抵抗しました。

 しかし、「神がいるのか、いないのか」という問題は、いくら理性で考えても答えられないことです。なぜなら人間がどんなに考えても、無限な彼方にいる神のことなど分かるはずがないからです。理性的に議論することは全然意味が無い。問われているのは議論や考えることではなく、神を信じるか信じないかという、「信仰の問題」だと気がついたのです。私が信仰を決意するまでには長い時間がかかりましたが、最終的に私は、神を信じよう、理性で考えるのではなく、私の全存在をそれに賭けて信じてみようと決心しました。

そして私がそこで見いだしたものは、驚くほどの心の平安でした。ストレスに満ちた現代社会にあって毎日神経をすり減らしていたことが嘘のように楽になり、気持ちが和らぎました。これがキリスト教が言う救いの意味なのか、命の水を得るとはこういうことなのかと分かったのです。

 パウロがローマ書で繰り返し言っているように、私たちはただイエス・キリストが与えてくれた恵みをそのまま受け取ればいい。信仰とはそんな単純なことなのだ、とようやく気がついたのです。それからの私は世界を見る目が変わり、自己中心的な人間から、「汝の隣人を愛せよ」という、他者を尊敬し大事にしようと思う人間に変わっていきました。私はクリスチャンになって自分がこのように変われたことに、自分自身でまったく驚いています。これこそ信仰の力なのでしょう。

 そして、今回の病気です。病院での生活は本当に苦しく、つらいものでした。しかし、不思議なことに自分がものすごい激痛に襲われていながら、これは神様が私に与えた試練だと思うと、心が和み、苦痛が消えていったのです。

 私の体は、少しずつですが、毎日良くなっていくことが実感できました。神様は私を見捨てなかった。それどころか私は「絶対治る」という希望を得ることができたのです。つらい病気との闘いの中にありながら、私は絶望ではなく希望をつかみました。

ですから、もし皆さんの中でさまざまな試みの中にある方がいらっしゃれば、ぜひ神が助けの手を向けてくれる用意があることを思い出してください。神様に全面的にゆだねれば、豊かな恵みが得られます。神は恵みにあふれている方なので、困難を通して、神にあって成長させてくださいます。私は自分の体験を通して、それが本当だと確信しています。

 苦しみとは「何か不愉快な取り除くべき困った物」ではありません。克服し乗り越えるべきもの、それによって信仰の高みへ進み、成長できるものなのです。病気や苦しみは私を成長させてくれた神様のギフトなのだと思い、私は感謝の思いに満ちて病気を克服しつつあります。そんな私を導いてくれた神様に、ありがとうございました、アーメンと言いたいです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
Facebooktwittergoogle_pluslinkedinrssyoutube

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

To help prevent spam and bots, please answer the question below: * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.